« フシミキューブ | トップページ | 小鳥 »

2018年10月23日 (火)

ドラゴン

今日の折り紙は「ドラゴン」です。
一枚の紙で折ることが出来ます。
目と羽の部分に紙の裏が出るので、配色を生かせる紙を選んでみました。

20181023dragon1

20181023dragon2

「ドラゴン」
前川淳 創作
難易度 ★★★★★★☆☆   (難易度についてはこちら)
使用した紙 両面おりがみ 15cm×15cm

20181023dragon3
鍵盤の上に降り立つドラゴン。
演奏ジャンルはヘビメタでしょうか。
鍵盤の大きさと比べてみてもけっこうオチビさんなんです。

15センチ角の折り紙で折ると、身長6センチくらいに仕上がります。
顔はかなり細かくなりますが、15センチの紙でも折ることは出来ます。

20181023dragon4
後ろ姿も披露。

20181023dragon5
顔のアップも披露。
折る回数が多くて折り目の色がはげてきてしまったのが残念です。
この紙の限界かもしれません。
和紙なら色がはげないけれども、両面同色なので配色で遊べなくなってしまいます。
今後の課題ですね。

この本の作品にはそれぞれテーマが設定されています。
今回のテーマは「Yパターン」です。

20181023dragon6
改めて別の紙で工程13まで折ってみました。
この形も「手」という作品だとのことです。

20181023dragon7
広げてみたところ。
この三角形が「Yパターン」です。
三角形の中割折りを繰り返す折り方で、前川さん創作のいろいろな作品に登場します。
このパターンの発見が前川さんにとってブレークスルー(飛躍的前進)のひとつになったそうです。
ブレークスルーっていい言葉ですね。
自分もいつか何かの分野で経験してみたいものです。(曖昧過ぎ・・・)

図書館で借りてきた「ビバ!おりがみ」(1989年発行)に「手」という作品が載っていました。
ドラゴンの工程13の形にアレンジを加えたものです。
ブレークスルーのモニュメントのイメージで。

20181023hand_2

折り方が掲載されている本

amazon
本格折り紙―入門から上級まで
楽天
本格折り紙ー入門から上級まで

« フシミキューブ | トップページ | 小鳥 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フシミキューブ | トップページ | 小鳥 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

折り紙ブログ

無料ブログはココログ