« 災害時に折り紙食器 (新聞紙とポリ袋で作る) | トップページ | 我が家の災害対策 (トイレ) »

2018年9月14日 (金)

我が家の災害対策 (停電時の明かり)

今年は本当に災害の多い年になってしまいました。
うちは大阪の地震を経験するまでは、テキトーな災害対策しかしていませんでした。
地震後に非常食を確認してみたら、とっくに期限切れでしたし・・・
それから2か月余り、いろいろ調べてみて自分なりに対策を追加しているところです。
あと何回かはこのブログで我が家の災害対策についての内容を書いていきたいと思います。

先週の北海道胆振東部地震では、北海道全域に停電が起きてしまいました。
台風21号でも大規模な停電が起きました。
うちは停電の経験はないのですが、ネットの情報などを参考にしつつ、それぞれタイプの違う明かりを用意しました。

LEDランタン

LEDランタン(Panasonic BF-AL01)
地震後に買い足したものです。
明かりというと、手に持つ懐中電灯が昔からの定番ですが、
据え置き出来て光が周りに広がるタイプのものがあるといいそうです。
もっと値段の高いものかと思っていたら、1000円以下で購入することができました。
単三電池3本で70時間点灯するとのことです。
紐でつるして使うこともできます。

LEDランタン
非常用としては十分な明るさだと思います。

LEDヘッドライト
LEDヘッドライト(GENTOS CP-095D)
地震後に買い足したものです。
「探検家ですか?」という装備ですが。
震災経験者の話を読んでいくと、片手がふさがってしまう懐中電灯よりも、両手が空くヘッドライトが便利だったとの意見を見かけました。
試しに使ってみたら、視線の向く方向に自動的に光の方向もさっと動いてくれるのが快適でした。
ヘッドバンドを長くすれば、首からかけて使うこともできます。
値段の高いものはもっと高いですが、これは1500円くらいで購入することができました。
単三電池1本使用で、明るいモードは7.5時間、暗いモードは20時間点灯するとのことです。
(サブの赤色LEDは65時間)

LEDヘッドライト
明るいhighモード

LEDヘッドライト
暗いecoモード
私の写真の腕前では全然違いが分かりませんね。

LEDヘッドライト
サブの赤色LED
真っ暗な場所では赤い色の光が目に馴染むそうです。

以前キーホルダータイプでボタン電池使用のLEDライトを持ち歩いていたのですが、ボタン電池は入れ替えのコストがネックでした。
このヘッドライトは単三電池1本で済むのもいいですね。

ラジオ付き手回しLEDライト
ラジオ付き手回しLEDライト
何年も前に購入していたものです。
買っただけで安心してしまい、使い方を試していませんでした。

後日、夜に電気を消して、小一時間ほど防災用の明かりだけで過ごしてみたいと思っています。

« 災害時に折り紙食器 (新聞紙とポリ袋で作る) | トップページ | 我が家の災害対策 (トイレ) »

コメント

はじめまして(*^_^*)

うちの実家は札幌です。
震度6弱だったとか。
中古で買った初めから傾いてたので地震来たらどうするの?
と前から思っていました。
でも北海道の家は雪の重みに耐えるように比較的
丈夫だったようで、何ともなかったそうです。
今、うちが住んでる家だとどうなってたか(>_<)

備えをしないといけないですね。
うちも賞味期限がとっくに過ぎてます(^_^;)
キャンプ道具などと兼用で揃えると良いとも聞きました。
まだ揃えてないです(^_^;)

弥沙さん、はじめまして(^^)/

ご実家は停電でいろいろご不便だったことでしょう。
食器が割れたりなど家の中の被害はありませんでしたか?

キャンプが趣味のご家庭は、そのまま災害への備えになりそうですね。
最近災害が多すぎて、防災グッズが品薄でなかなか入手できないようです。
地震はいつどこで起きるかわからないのが困りますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害時に折り紙食器 (新聞紙とポリ袋で作る) | トップページ | 我が家の災害対策 (トイレ) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

折り紙ブログ

無料ブログはココログ