« 「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和 著) | トップページ | 穴のあるラッピングペーパー »

2017年2月18日 (土)

超新星

今日の折り紙は「超新星」です。
名前とは裏腹に、巨大な星が最期を迎える時の大爆発のことを超新星といいます。
地球からは突然新しい星が生まれたように見えるため、このように呼ばれています。

超新星 折り紙

「超新星」
川崎敏和 創作
「おとぎの国の夢折り紙」より
難易度 ★★★★★★☆☆   (難易度についてはこちら)
使用した紙 普通の折り紙 7.5cm×7.5cm 

太陽の8倍以上の重さの星は、年老いて自らの重さを支えきれなくなると、
中心部が潰れてブラックホールか中性子星になります。
外側の物質は凄まじい勢いで吹き飛ばされます。
今回の折り紙作品は、宇宙空間に広がっていく輝く物質をイメージして折りました。
その物質は広大な宇宙空間に拡散し、やがてまた別の星雲に出会い、新たな星が生まれます。

超新星 折り紙
中心が空洞になっているのが見えます。
中心にあるのはブラックホールでしょうか、それとも中性子星でしょうか。

超新星 折り紙パーツ
このようなパーツを30個組み合わせて作ります。
気の向いた日に数個づつコツコツ折ってました。

うず組み 折り紙
うず組みという方法で5個ずつつなぎます。
写真の折り紙は、うず組みを練習したものです。
本番の作品は7.5センチの紙で作ったら、つなぎ目がかなり細かくて大変でした。

参考サイト
超新星爆発|宇宙ワクワク大図鑑|宇宙科学研究所


amazon
おとぎの国の夢折り紙
楽天
おとぎの国の夢折り紙

« 「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和 著) | トップページ | 穴のあるラッピングペーパー »

コメント

AYAさん、こんばんは(*^-^)
今回もすごい大作!
星の最後の瞬間ってそんななんですね。
知りませんでした。
でも新しい星になるかもしれないのは素敵です。
今日の折り紙はひとつずつ組み立ててるんですか。
こんなに細かくて繊細な形のものを、
30個も使って作るなんてすごいです。
いつも素敵な作品だなぁと見てますが、
今回のは物語が生まれそうな作品でした(o^-^o)
今もどこかで新しい星が生まれてるかもしれません。
なんだか嬉しい気持ちになりました。
ありがとうございますヽ(´▽`)/

>ゆめはるさん

気が向いたときに少しずつ折って箱に保管していたので、
あまり大変さは感じないで作ることができました。

水素・ヘリウムより重い、鉄までの元素は、星の内部で作られるので、
私たち人間の体も星から生まれたと言えるそうです。
天文好きなので、つい語ってしまいました(^^)

今回の「超新星」は「おとぎの国の夢折り紙」の中の
「銀河鉄道の夜」の章に載っています。
創作者の川崎さんも、物語を思い浮かべながら生み出されたのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和 著) | トップページ | 穴のあるラッピングペーパー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

折り紙ブログ

無料ブログはココログ