« 悪魔 | トップページ | ペンギン(泳ぐ姿) »

2016年7月11日 (月)

シンプルなペンギン3種


今日の折り紙はシンプルなペンギン3種です。

ペンギンというと南極を連想して、いっとき涼しい気分になれますね。

でも、ガラパゴスペンギンは赤道直下に住んでいるそうです。


折り紙 フェアリーペンギン



「フェアリーペンギン」

青柳祥子 創作

「博士の折り紙夢BOOK」より

難易度 ★★★☆☆☆☆☆ 
 (難易度についてはこちら)

使用した紙 普通の折り紙 15cm×15cm



フェアリーペンギンは体長40センチほどの、最も小型なペンギンです。

くちばしの部分は、黄色い折り紙を小さく切ったもので作ります。

市販の目玉シールを貼ると、手軽にきれいに仕上がります。

今回は白い紙を丸く切って黒目を描いて貼りました。



20160711penguin2

斜め前からみたところ。



20160711penguin3

「ペンギン」

伝承

「日本のおりがみ事典」より

難易度 ★★☆☆☆☆☆☆ 
 (難易度についてはこちら)

使用した紙 普通の折り紙 7.5cm×7.5cm



鶴の基本形から作ります。

足の部分はちょこっとハサミを使います。

ペンギンが歩くとき、羽はこんなふうに後ろにいってますよね。

一般の日本人がペンギンを知るようになったのは、明治後期の日本人の南極探検がきっかけだそうです。

このペンギンは伝承作品ですが、明治後期以降の作品ということになるのでしょうか。



20160711penguin4

「あるくペンギン」

竹川青良 作

「博士の折り紙夢BOOK」より

難易度 ★☆☆☆☆☆☆☆ 
 (難易度についてはこちら)

使用した紙 普通の折り紙 15cm×15cm



「博士の折り紙夢BOOK」の中で、シンプル度NO.1の作品です。

本にはシンプル折り紙で竹川青良氏の右にでる者はいません。と紹介されています。

下敷きなどに乗せて左右に動かすと、よちよち歩きます。

他にも簡単に折れて動かして遊べる竹川さんの作品が載っていますので、また後日に。



シンプルな造形でそれぞれちゃんとペンギンに見えてしまうのは、ある意味すごいことですね。

ペンギンは折り紙の世界でも人気者のようで、今折り進めている本にもう少し難しいものがあと2種載っています。

ペンギン(泳ぐ姿)

立体的なペンギン



ペンギン - Wikipedia



折り方が掲載されている本




amazon

博士の折り紙夢BOOK


楽天

博士の折り紙夢BOOK






amazon

日本のおりがみ事典

楽天

日本のおりがみ事典

« 悪魔 | トップページ | ペンギン(泳ぐ姿) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンプルなペンギン3種:

« 悪魔 | トップページ | ペンギン(泳ぐ姿) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

折り紙ブログ

無料ブログはココログ